旅行のための電動スクーターのヒントとコツ

Megawheels S1 Electric Scooter

       学生ならキャンパスでスクーターで疾走する卒業生を見かけ、サラリーマンなら人混みの中で必ずeスクーターに乗る人がいる...そんな風に、私たちの周りで電動スクーターが熱くなってきています。あなたはもう自分の電動スクーターを持っていますか?もしあなたが初心者なら、この記事を読めば電動スクーター乗りの資格が取れますよ。

実は意外と簡単です

      最初は難しく感じたことでも、これまでに学んだ新しいこと、異なることを思い返してみてください。ホバーボードや自転車を使って移動したことがある人なら、まったくの初心者でも電動スクーターが使えることを証明したことになりますね。この素晴らしい技術を、考え直すために見逃すことはないでしょう。

基本ステップ

底面のラッチをめくってロックを解除し、スクーターに乗ります。
オン」スイッチを押して、スクーターをスタートさせます。スクーターのLEDディスプレイに表示される情報を確認します(バッテリー残量インジケーターがある場合は、それも含めて)。
ハンドブレーキはハンドルバーにあります。スクーターのブレーキの大半は敏感なので、スクーターに慣れるまで気楽に操作してください。
パワーを増減するには、スロットルを使用します。スロットルを押すことでスタートできます。
停止するときは、フットブレーキまたはハンドブレーキのいずれかを使用することができます。目的地に到着したら、スクーターの電源を切るのを忘れないようにしましょう。
次のステップは、スクーターを折りたたみ、ラッチをかけることです。
必要に応じて、取扱説明書を確認し、電動スクーターの詳細を知り、すべてが完了したことを確認することができます。

電動バイクの乗り方を学ぶ

自転車に乗るのと同じように、電動スクーターも練習しておくとよいでしょう。間違いは避けられませんが、ペダリングについて学び、より熟練することができます。
すべては、電動スクーターに乗るための最適な場所を選ぶことにかかっています。まず、十分な広さのある場所を選びましょう。交通量や歩行者が、あなたの移動の自由を妨げることは許されません。人通りの少ない広場がよく、駐車場も空いていることが多いのでおすすめです。適切な場所を見つけたらいよいよスタートです。
電動スクーターの使い方を覚えるには、練習が重要です。もっと練習が必要だと感じたら、遠慮なく空き地に戻ってもっと練習してください。

    気楽に行こう

     物事を習得するペースは人それぞれです。電動スクーターにすぐに乗れるようになる人もいれば、バランスの取り方を覚えるのに時間がかかる人もいるでしょう。全くの初心者である必要はありません。どちらの初心者であっても、自分にとって最も快適なスピードを選びましょう。電動スクーターに乗るときに一番気になるのは安全性です。

雨が降っているときに電動スクーターに乗ってもいいのですか?

以下は、ある電動スクーターユーザーの体験談です。

      幸いなことに、私は電動スクーターを買ってから一度も遅刻したことがありません。仕事でもパーティーでも、時間通りに到着し、お金と時間を節約することができます。唯一の問題は、雨の日です。小雨の日も大雨の日も、スクーターに乗ったりポンチョを着たりしています。雨の日にスクーターに乗るのはとても不快で、危険でさえあると言えます。

      第一の問題は横滑りです。時速25KMの時、ハンドル幅は10cmですが、全く地面をつかめず、ブレーキも止まらず、コーナーでは滑ってしまい、とても危険です。15KM/h以内に速度を落とし、周囲の状況に気を配りながら、安全運転を心がけるしかない。

      2つ目の問題は、水に濡れることです。スクーターのフロント構造はポールになっており、前方に風が吹くとポンチョが折り畳まれてしまいます。つまり、足を全くふさぐことができないのです。基本的に、乗り降りした後はズボンも靴もびしょびしょになります。レインコートを着て全身を隠しても、乗っていると雨が横から吹いてきて、ほとんど目を開けることができない。周囲が見えない状態で道路を走るのは、とても危険です。そこで、電動スクーターのユーザーへの提案です。小雨の中で乗らなければならない場合は、十分に注意してください。ただ、大雨が降ったら忘れてください。

まとめ

     電動スクーターに乗るには、それほど技術が必要ではないことがおわかりいただけたと思います。バランス感覚と反射神経を磨き、特定のモデルの構成に慣れることが必要です。

     お気に入りの1台に乗ることは、楽しくて充実した体験になるはずです。少しの練習と忍耐で、すぐに乗りこなし、曲がり、渋滞を縫うように走ることができるようになります。最初はゆっくりとしたペースで走ることが大切です。裏通りや駐車場などで練習を重ね、交通量の多い場所や歩行者の多い場所でも安心して乗れるようになりましょう。

      電動スクーターについて少しでも知っていただき、アウトドアの楽しみ方のひとつになれば幸いです。

コメントを残す

コメントは公開する前に承認されなければなりません